ことばがいっぱいふえましたPart2

前回は3歳のDくんの様子をお伝えしました。今回は同じく3歳のAちゃん(男児)のお話です。 Aちゃんも言葉の課題があります。 いつもはお兄ちゃんと一緒に登所していますが、きょうはひとりで登所しました。当初後すぐに大好きな新幹線のジグソーパズルを始めました。9ピース、12ピース、16ピース、20ピースと一気に仕上げました。12ピースができた時に「こまち!!」(秋田新幹線です)20ピースができた時には、「のぞみ!!」と大きな声で言えました。 また、今日は、切り替えも上手にできました。タイムタイマーの赤色表示が終わり、声かけをするとすぐに学習スペースに移動できました。その後もすぐに、個別課題学習に取り組むことができました。 個別課題では、言葉の学習、微細運動など頑張って取り組めました。Aちゃんは、椅子に座って学習することが少し苦手でしたが、この日はなんと、25分程頑張りました。「Aちゃんに、いいね!」 発語が遅いというご相談がよくあります。 言葉はコミュニケーションの手段です。人と人との関わりの中で『ことば』を使うようになります。もし、人と関わりを持たなかったら言葉を必要としないかもしれませんね。最近はスマホやタブレット端末で遊ぶ幼児が多くなり、言葉を話す時期が遅れているというような事を聞いたことがあります。 (少し意味が違いますが、先日、NHKのテレビで「スマホ育児」という内容の特集がありました。) 言葉の遅れにご心配のあるお子様には、いっぱい話しかけてあげてください。そして、単語や身振りで伝えようとしているお子様の思いを、適切な言葉にして優しく応えてあげることで、思いが伝わったこと

ことばがいっぱいふえました。

3歳のDちゃん。タイムタイマーの赤色表示がなくなり、「Dちゃんおべんきょうしようか」の声にさっと応えて、学習スペースに移動できます。今日の個別課題学習は20分頑張りました。 ことばの学習で絵カードを使ったり、絵合わせカードを使ったりしています。 運動領域の課題学習では、ペグ打ちや、リングタワー、描画、ミニピンチなど使って、指先などの微細運動をしています。 この日は、果物・野菜カードと、食べ物カードで言葉の学習をしました。回を重ねるごとに、知っている名前が増えていきます。発声も上手になってきています。面白いのは、わからない物の名前は何故か全部「すいか」と言っています。 絵合わせの果物、野菜カードの勉強で真っ先に合わせたのは大好きなブドウでした。すいかもあったのですが・・・。 Dちゃんは自由遊びでもいっぱいお話ができています。とても言葉の数が増えてと思います。       文責:児発管

シュモクザメ

豊中からご利用のYちゃん5歳です。ひらがなの学習や数の学習もとてもよく頑張っています。 絵カードなどでひらがなを読んだ後、ひらがなが書いている積み木を使って、名前の勉強もしています。ランダムに並べられたひらがなの積み木から、自分の名前の文字を探して順番通り並べます。 初めのうちは、探すのに少し時間がかかりましたが、今は、私(児発管)の手から離れた瞬間から取っています。自分の名前も少しずつ書けるようになってきました。 微細運動の課題として、はさみの練習もしています。 切り貼りパズルをネットからダウンロードして使っています。Yちゃんは動物や恐竜の名前をよく知って言います。今日は「、シュモクザメ」の絵柄を切り貼りしました。「チンアナゴ」とどちらにするか迷ったのですが、「チンアナゴ」は知らないと思ってシュモクザメにしました。 「Yちゃん、この絵なにかな」の問いに「シュモクザメ!!」と、即答でした。ちなみに、「チンアナゴ」も聞くと知っていました。流石です。 文責:児発管

トントントン

♪トントントン♬ ペグ打ちの音が聞こえると弟のAくんが学習スペースに来ました。 兄弟でご利用のHくんとAくん。いつも、お兄ちゃんのHくんの個別課題学習が始まると、弟のAくんは学習スペースに来て様子を見に来ることがよくあります。Hくんは言葉の学習や数の学習が終わった後、微細運動の学習になりました。フォトクリップ(小さな洗濯ばさみ)で親指と人差し指を使う練習の後、ペグ打ちをしました。トントントンとペグ打ちが始まると、何が始まったのかと弟のAくんがのぞきに来てそのまま横に座って見ていました。その後は二人一緒の個別学習になっていました。鬼んちゃんが気になるAくんでした。 文責:児発管

みらいcafe

みらいcafe本日営業中 伊丹市の児童発達支援・放課後等デイサービス みらいでは、事業所が休みの時にフリースペースとして開放しています。コーヒーや紅茶などセルフサ-ビスですが自由の召し上がっていただけるようにしています。特別支援教育や療育の書籍もたくさんありますので自由にご覧ください。小さいお子さまも自由に遊んでいただけます。(自己責任ですが・・・) また、お子さまの療育に関してのことや学習のことについて、特別支援教育の専門家の児童発達管理責任者が居ますのでお気軽にご相談ください。また、児童発達管理責任者は特別支援学校の高等部に勤務していましたので、中学生のお子さまや高等部のお子さまの進路でのお悩みもご相談ください。                      文責:児発管

”たんぐらむ”にはまっています

三歳のDくん、くもんの”たんぐらむ”にはまっています。 いつものように、15分間の時間設定をして遊び始めました。タイムタイマーの赤色表示がなくなると、すぐに学習スペースに来て個別課題学習が始められました。言葉の学習が終わってから、微細運動の課題に取り組みました。 Dくんの現在の目標は15分から30分くらいを目安椅子に座って課題に取り組むことです。今日は、20分ほど集中して取り組めました。 課題学習が終わると自由遊びですが、色々のものに興味を示し、すぐに次の遊びに移っています。でも、”たんぐらむ”は別で、1~20までのシートを全部終わらせるまでしています。 2~3ピースのパズルは簡単にしています。7ピースのパズルも少しスタッフの手助けを求めますが、できています。 見ていて面白いのは、3ピース位の時です。何度か考えても難しいと思った時は、決められたピース以外のを取り出して完成させようとしています。 (このパズルのルールは、台紙ごとに決められたピースを使わなくてはならないのです) 文責:児発管

「108円になります」

木曜日のご利用は小学生のHくんとKくんです。Kくんは5年生なので、お迎えは通常3時30分ですが、木曜日はHくんと同じで2時30分です。いつもより時間が早いので、買い物学習の日にしています。お金の勉強をした後、近くの○スタードーナツへおやつを買いに行っていました。 今日Kくんは、お金の勉強で、108円など端数のある金額を勉強したあと、近くのコンビニへおやつを買いに行きました。Hくんは、大好きなじゃがりこを買い、Kくんはスナック菓子を持ってレジに行きました。店員さんは「108円になります」とのお声。今日に勉強が活かせたかなぁ  文責:児発管

頑張りました。

先週からご利用が始まった、3歳のDくん。登所後15分間タイムタイマーをかけて遊び始めました。タイムタイマーで15分というのは、その後に個別療育にスムーズに移るための区切りの時間です。 くもんのタングラムという木製のパズルで遊びました。15分が過ぎても全部終わらないので、どうするか聞くと、全部終われば課題学習をするということで、少し待ちました。タンングラムを全部終えたので声をかけるとすぐに学習スペースに来て座りました。 Dくんの短期の目標は、15分から30分間ほど座って学習することです。 この日は、30分程頑張って座って色々な課題に取り組みました。 児童発達支援・放課後等デイサービスみらいでは、タイムタイマーなどを使って時間の構造化や、遊ぶスペースと学習スペースを分けて、空間の構造化をなどを取り入れています。 文責:児発管

セキュリティ強化しました。

個人情報の管理はとても大切です。紙の書類は、当然、鍵のかかる書庫で管理しています。 鍵は一本しかなく、代表の児発管が厳重に保管しています。これはどこのデイでも当たり前のことでしょう。 では、パソコンで作っている個別支援計画や個人情報はどのようになっているのでしょうか。 児童発達支援・放課後等デイサービスみらいでは、パソコン内のセキュリティソフトに加え ネットの入り口のモデム(ONU)と無線ルーターの間にFortiGateという機器を導入しました。これによりかなり強固なセキュリティシステムになりました。インターネットやメールからのウイルス感染で、個人情報が外部に拡散することはありません。もちろん100%でブロックできるわけではありませんが、市販のセキュリティソフトから考えると雲泥の差だと思います。また、個人情報に関わるファイルや画像等は、外付けのハードデスクに保存して、パソコン稼働時のみ繋いで、通常は切り離しています。もちろん鍵のかかる書庫に保管しています。  文責:児発管

22年前の震災に思う。

「バスが走れるかな」22年前、児発管の私は阪神特別支援学校に勤務していて、生徒指導部でスクールバスの係をしていました。 震災の朝、学校に着くといろいろな情報が飛び込んできました。クラスの生徒の安否を確認した後、どのように学校を再開するかという会議が持たれ、私たちバス係もどのように運行するかを話し合ったのを覚えています。震災から2〜3日後、道路の状況を確認しようということで、それぞれの系統ごとにバスを走らせました。私が担当するバスは、国道2号線を走るのですが国道に入った途端全く動きません。朝、学校を出たのに戻ってきたのは夕方でした。 スクールバスが運行できない状況は1ヶ月以上続いたと思います。子ども達は学校に来れない状況が続きました。何とかしようと話し合いの結果、地域の公民館等で授業をするということになったと記憶しています。 今のように、地域に放課後等デイサービスがあれば子ども達の学習や療育の場を確保できたと思います。 文責:児発管

2台目の新車が届きました

開所当初にオデッセイを新車で購入して送迎に使っていましたが、今回2台目としてヴィゼルを購入しました。 みらいでは、当たり前ですが運転手に加えて、原則添乗スタッフも同乗しています。 時々他事業所の車を見かけますが、運転手さんだけで送迎している場面を見ることがよくありますが、万が一事故があれば、一人では対応できないことや、事故が無くても体調急変のことなども考えると少し怖くなります。  文責:児発管

「子供部屋のようですね」

児童発達支援 放課後等デイサービス みらいは多機能型の事業所です。 一日の定員は10名ですが、未就学のお子さまと小学校以上のお子さまを分けているため、最大でも6名です。少人数での支援が可能で、アットホームで安心安全な環境の中、落ち着いて過ごしています。あるお母様がこのようにおっしゃいました「子供部屋のようですね」 文責:児発管

書道教室&水墨画

土曜日のプログラムは、書道教室です。 今日は、漢字の練習と水墨画をしました。 児発管は、以前一年間ほど水墨画を習っていたことがあり、今日は「竹」の漢字と水墨画で竹を描きました。 竹は比較的描きやすい題材ですが、やはり初めてでは難しいです。でも、中学2年生のKさんはとても頑張り屋さんで、初めに習字をした後、少し休憩を入れてですが2時間ほどとても集中して描き上げました。 伊丹市の児童発達支援・放課後等デイサービス みらいでは、多彩な学習経験や療育を通して、たくさんの成功体験から「できる喜び」を味わい、自信が持てるように支援しています。 文責:児発管

「せ~の!ジェンガ~!!」

ジェンガ大好き少年のHくん。ジェンガを取った後,Myルールで上に積んでいきます。そして、ジェンガが崩れる時に、「せ~の!ジェンガ!!」と、音頭を取ってみんなに言ってもらっています。崩れる様子が楽しいようです。 金曜日からご利用が始まった3歳のDくんは、スタッフと一緒にジェンガを積み木のように積んでいきました。腰あたりまで積んだ時に、ジェンガがガシャーン!と崩れ、その様子が面白かったのか、何とも言えない表情で楽しんでいました。その後も違う積み方でジェンガで遊んでいました。また一人、ジェンガの楽しみ方を覚えたようです。 児童発達支援・放課後等デイサービスみらいには、こんな大きなジェンガもあります。           文責:児発管

「きょうもたのしかったね、またあそぼうね」

「おわりのかいをはじめます」と言って、いつもひとりでこんなあいさつをしてくれるHくんです。 今日は終わりの会の前に、こんなかわいい絵を描いてくれました。Hくんは「みらい」が大好きです。 送りの車の中で「きょうもたのしかったね、またあそぼうね」といつも言ってくれます。        文責:児発管

買い物学習第二弾!!

今日から学校が始まりました。 本日は、小学校一年生のHくんと五年生のKくんが登所しました。 今日は始業式なので午前中で終わりで、給食がありません。 そこで、体験学習の良いチャンスなので、昼食を買う買い物学習をすることにしました。 Hくんは、学校で昼食の内容を書いたそうです。 今日も近くにある「つかしん」へ買い物学習に出かけました。Hくんはおべんとうを、 Kくんは、今日食べるおやつをそれぞれ買いました。 今日で買い物学習二回目のHくん。上手に選んで、支払いも上手にできました。最後に「ありがとうございました」と店員さんに言うこと忘れませんでした。 もう何度か経験しているKくんは慣れたもので、サッと硬貨を出して支払い完了です。 児童発達支援・放課後等デイサービスみらいでは、子ども達にできる喜びを味わってもらうために、体験的学習をしっかりと取り入れています。   文責:児発管

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。 2016年11月1日に新規オープンしました、伊丹市の児童発達支援・放課後等デイサービスみらいは、子ども達のみらいに向けて新しい年のスタートを切りました。初日の4日は、午前中に幼児発達支援教室すくすくをご利用の未就学のお子さまひとりと、午後のアフタースクールみらいをご利用の中学生の合計2名で少し寂しいスタートになりましたが、「近くにできたと聞いてちょっと見に来ました」と、パンフレットを希望された方が来られ、少しずつ事業所も認知されてきたようです。           文責:児発管

​伊丹市 発達支援・放課後等デイサービス みらい

特集記事
no-posts-feed.on-the-way
no-posts-feed.stay-tuned
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon

伊丹市の児童発達支援・放課後等デイサービス みらい

​伊丹市南町4−5−30