言葉のキャッチボール

「ありがとう」「どういたしまして」と、支援の先生(保育士さん)と言葉のキャッチボールをする、先週のブログに登場のAちゃんの個別課題学習での一コマです。 語彙力は十分あるAちゃん。会話に結びつけていくことが少し難しかったのですが、個別課題学習での支援で少しずつ話す力がついてきています。 先週からSSTカードを使って状況の読み取りをしながら、言葉のキャッチボールをしています。カードに合わせて、ドーナツのおもちゃを用意して言葉のやり取りを促しました。 支援する先生が Aちゃんからドーナツをもらって「ありがとう」と言うと「どういたしまして」と返ってきました。 その後も、先生の皿から「ドーナツ1こたべていい」「おいしかったです」「はい、たくさん先生飲んでね」などなど、自分からたくさん言葉が出て、楽しい会話のキャッチボールができました。 コミュニケーションとは、相手がいて成立するものです。楽しい場面が設定されていれば自然と言葉のキャッチボールができるのですね。 児童発達支援・放課後等デイサービスみらいでは、お子さまの苦手な部分を少しでも改善できるように支援していきます。                    文責:児発管

「ひとりで跳べたね!」

「エ~!!ひとりで跳べたね!」と保育士さんの声。 2歳のHくん。個別課題学習でどんどん言葉が増えています。 月曜日には、数の学習でおはじきとミニカップを使って1対1対をしました。「いっこ」「いっこ」「いっこ」と、小さい声ですがはっきりと聞こえました。「一個ちょうだい」と手を出すと、手のひらにおはじきを一個おいてくれます。同じ机の上にペン立てがあって、そこのペンを指さして「一個ちょうだい」と言うと、ぺんを一本くれました。 今日は、みらいプラスでの小集団運動療育の日です。初参加の2歳のTくんも一緒です。 Tくんはみらいプラスは初めて。みらいの個別課題学習では、不慣れな場所の不安感もあってか、少し落ち着くまで時間がかかっていました。ところが、みらいプラスでは、玄関を入ったところから笑顔いっぱいで、とても良い表情で室内を探検していました。 いつものように、始まりの歌に続いて運動遊びが始まりました。複合バランス運動では、跳び箱の上からジャンプします。Hくんは、今まで保育士さんに手を軽く添えてもらってエバーマットの上にジャンプしていましたが、今日は手を添えなくてもひとりでジャンプできました。「エ~ひとりで跳べたね!」と保育士さんの声。自信を深めたのか、二回目は幅跳びのように前にジャンプ!びっくりです。(左の写真、まるで水泳選手のようなフォームですね。 右の写真、跳び箱からの距離感にご注目ください) 『みらい』に来る子ども達は、安全で安心できる空間と、知識や経験が豊かな優しいスタッフさん達に見守られ『できる喜びを』感じながら、日々自信を深めています。文責:児発管

お誕生日おめでとう

「お誕生日おめでとう!!」明日5歳になるYちゃん。月曜日と水曜日のご利用ですが、明日の水曜日はお休みなので一足早く、誕生日のカードでお祝いしました。 5歳になりますが、動物や魚などの知識はびっくりするほど高く、電車関連の知識も豊富です。先週はクラゲの話をすると、早速「それはエチゼンクラゲ」と言っていました。昨日は深海ざめの『ラブカ』の話をしていました。(普通『ラブカ』と言われてもほとんどの人は知らないのではないでしょうか。) 誕生日カードは保育士さんの手作りで、カードを開くとYちゃんの大好きな恐竜が顔を出します。「Yちゃん、その恐竜は何でしょうか?」と聞くと、「ティラノザウルス」と返ってきました。プレゼントされる時は、なんだか恥ずかしそうにしていましたが、もらって開くと恐竜が出てきてうれしくて、大事そうに持って帰りました。   文責:児発管

書道教室は笑い声があふれています

隔週土曜日のみらいは書道教室です。 玄関のドアを開けて、ニコニコ笑いながら中学生のKさんが入ってきました。髪をカットして、半袖。一気に夏が来た雰囲気でした。元気一杯の小学生Kちゃんも笑顔で登所しました。 Kちゃんの自由題は「自分」Kさんは「ありがとう」と書きました。 本日の課題は「よもぎ」、5年生の教科書にある「平和」の次の課題です。「平和」と同じく穂先きの動きと点画のつながりを練習しました。 Kさんは「よもぎ」と書いた後、余白にかしわ餅のような絵を描いて「よもぎやで」と言葉を入れていました。そして、ケラケラと笑っていました。 Kちゃんも「よもぎ」と書いてその後「も」をいっぱい書いて笑っていました。 Kさんの動画を撮るときは、Kちゃんは書道も終わって完全にリラックスモードで、いっぱい笑いながらおしゃべりしていましたが。「動画だから今から静かにね」というと、口に手を当ててチャックをしめる仕草に、思わずKさんも笑ってしまってNGになりました。 「よもぎって知ってる」と聞くと「餡子の入ったお餅やろ」と返ってきたので、「今日のおやつはよもぎ餅しようか?あんこ食べられる」 買ってきたよもぎ餅とかしわ餅を見せると、「これ知っている」と言ったのはかしわ餅でした。 6月からは高校生のYくんが参加してくれます。笑い声がいっぱいの、みらい書道教室を楽しみにしてください。                       文責:児発管

ペアレントトレーニング

子どもの行動を理解して、行動療法に基づく効果的な対応を学び、話し合い、練習して、より良い親子関係作りと子どもの適応行動の増加を目指して、みらいでのペアレントトレーニング(ティーチャートレーニング)が始まりました。今回は、当事業所のスタッフ研修も兼ねて行っています。 今日は、ホームページをご覧になって来られた方1名、みらいご利用のお母さま1名そして、スタッフ5名の合計7名の参加です。自己紹介(他己紹介)から始まり、「子どものことを話しましょう」では、お子さまの様子はわかっていたけれど、周囲の理解がうまく得られず一人悩んでいたことや、お子さまの発達の特性からくる「しんどさ」を理解してあげられずに叱ってばかりしていたことなど、お話していただきました。 スタッフからは、現在ご利用で担当しているお子さまを一人選んで、発達の様子や課題などの発表がありました。 最後に、次回のテーマ「子どもの行動観察と理解」の宿題を渡して1回目のペアレントトレーニングを終わりました。 次回は6月3日です。途中からでも結構です。受講費はいただいていませんので「ホームページを見ました」と、気軽に参加してください。一人で悩まず同じ目的で、場を共有することも大切です                           文責:児発管

話す力

木曜日午後ご利用のAちゃん。見学時のお母さまとのお話で、物の名前は知っているが、言葉がなかなか出ないとの事でした。遊びも、戦隊ものでひとり遊びが多いとの事。 「みらい」でスタッフ(保育士さん)とエアーサッカーのおもちゃでゲームを楽しんでいる時に、スタッフの言葉かけに応じていくらか会話ができていました。その様子を見ていたお母さまは、こんな様子は家ではあまり見ないとの事でした。 ご利用初回に実態把握のため、絵カードや実物模型で物の名前や簡単な言葉のやり取りをしました。語彙はたくさん知っていましたが、会話がなかなか進みません。 個別課題学習では、絵カードや実物模型等で語彙力を高めることや数の学習や運筆などをする中で、たくさんの言葉かけで言葉のやり取りをしています。また、自由遊びでは、スタッフ(保育士さん)にできるだけ言葉かけをしてくださいと伝えています。 Aちゃんは、初回ご利用後約一か月過ぎました。ご家庭でも、自分から話す機会が増えたと、お母さまからお聞きしています。 昨日のAちゃんの個別課題学習から絵カードを使って、話す力をつける学習を始めています。絵カードは、Webサイトの「SST絵カードかみしばい」さんのものを使わせてもらっています。Aちゃんは、絵カードの状況を見ながら、言葉かけに反応して話す様子が見られました。 「みらい」の1対1での支援だからできることが沢山あります。  文責:児発管

仕事を楽しむ

私ごとですが、一ヶ月ほど前に『仕事を楽しむためのWebマガジンB-Plus(ビープラス)』の取材を受けました。 インタビュアーは元パナソニックのバレーボール選手で北京オリンピックの代表でもあった山本隆弘さんです。「みらい」来られて驚いたのは背の高さです。2m3cmという長身で、玄関を身体を曲げて入って来られ、手を伸ばせば天井に届きそうです。(下の写真、私は立っています) 2時間半ほどの時間でしたが、私自身のことや「みらい」のことなど山本さんと色々と話をしました。詳しい内容は、B-Plusのバナーを貼っていますのでそちらからお入りください。 山本さんとの会話で印象的だったことは、「諦めずに努力すれば、辿り着く道は本当にある」という話。流石にオリンピック選手ですね、言葉の重みが違いました。 「みらい」で頑張っている子ども達にも、私の言葉ではありますが「「諦めずに努力すれば、必ず結果はついてくる」ということを伝えたいですね。      文責:児発管

「みらい運動会に行く」

「みらい運動会に行く」と、みらいPlusでの運動療育をこのように表現してくれた4歳になるDちゃん。いつも豊かな発想で色々考えてくれます。(Dちゃん語録) この日は、3人での小集団療育でした。2歳のHくんと初参加の5歳のRくんとDちゃんです。いつものように複合バランス遊具から「みらい運動会」が始まりました。途中跳び箱から飛び降りる場面でDちゃんは、両手を頭にやってうさぎの耳のようにして飛び降りていました。(発想が豊かですね)初参加のRくんは跳び箱での腕支持動作では、今にも跳び越すような勢いで、上手にできました。Hくんはほとんどひとりで飛び降りることができていました。 この後、マット運動とトランポリンを楽しみました。3人とも、小集団療育のめあての、「待つ」「見る」「聞く」「真似る」をしっかり守れて活動できました。 文責:児発管

「虹」「家」「大陸」「平和」

「何で虹を書いたの」「特に意味はないよ」と、中学3年生のKさん。「何で大陸と書いたの」「学校でユーラシア大陸のことを勉強したから」と、小学5年生のKさん。こんな会話から土曜日の書道教室が始まりました。 今日の題は「平和」です。小学校5年生の書道の教科書の1ページ目にある課題で、「穂先きの動きと点画のつながり」を学ぶ基本の文字です。 また、中学3年生のKさんは来週沖縄に修学旅行に行きます。沖縄と平和教育は切り離せない課題ですね。 小学生のKさんは、書道の先生の手本を見ながら何度も練習しました。どんどん上手になってくるのが見て取れます。「穂先きの動きと点画のつながり」が意識できて書けました。 中学生のKさんは一画一画丁寧に、基本を確かめながら書きました。穂先きが重なりすぎないよう気をつけて堂々とした字が書けました。 書道が終わってからは、おやつを食べました。小学生のKさんは、少し遊んでから帰りました。中学生のKさんは、みらいPlusで卓球やトランポリンを楽しみました。  文責:児発管

おめでとう!合格です

「おわったよ!」ちょっとどや顔でこちらを見ているJくん。 月曜日、水曜日、金曜日は中高生のパソコン教室です。二人の中学生と二人の高校生が利用しています。 タイピング練習を10分間した後、MicrosoftのWordやExcelを使って色々な課題の学習をしています。 中学2年生のJくんは、タイピング練習(ローマ字入力)で、連休前にレベル1を合格しました。合格ラインは10分間で740文字を入力します。間違って入力するとカウントされません。ローマ字入力は初めてで、レベル1合格まで少し時間がかかりましたが、レベル2を合格まではあっという間でした。この日合格した入力数は755で94%の正解率です。入力間違いが6%という正確さからJくんの丁寧さがわかりますね。もう少しすると、「F」「J」キーを中心とした、ホームポジションができそうですね。 児童発達支援・放課後等デイサービスみらいの「アフタースクールみらい」では、就労に向けた支援の一環として、パソコンや、漢字検定、文章や言葉の聞き取り学習、ソーシャルスキルトレーニングなどの個別課題学習で一人ひとりに合わせた支援をしています。 「アフタースクールみらい」は、最大5人までの少人数制教室です。各曜日ほぼ定員になってきています。ご利用希望があれば早めのご連絡お願いいたします。  文責:児発管

仲良し三人組の体操教室「僕は210回」

「ぼくは、210回跳ぶ!!」と言ってトランポリンを連続210回跳びました。 同じ小学校で学年が違う仲良し三人組が、みらいPlusで体操教室に参加しました。前回はみらいPlusでトランポリンをしました。 この日は、家庭訪問週間で少し早めの登所です。近くのコンビニで買い物学習、おやつを買いました。その後、宿題や個別課題学習を終えたので、みらいPlusに移動してバランス複合遊具やマット運動、跳び箱運動、トランポリンなどで体を動かしました。 マット運動では、前転がきれいにできる練習で、腕でしっかりと支持して頭を入れる動作を何度かしました。これが上手にできると前転がきれいにできます。 休憩タイムでKくんはボルダリングに挑戦しました。みらいにもあるのですが、Kくんはみらいではほとんど登りません。みらいPlusのは高いですが天井まで登りました。 最後はトランポリンです。2年生のHくんは、前回トランポリンが楽しかったようで、今日も楽しみにしていたそうです。 初めはあまり乗り気でなかった6年生のKくんですが、跳んでいるうちに楽しくなってきて、自分から「91回跳ぶ」と言ってくれました。4年生のYくんもKくんに触発されてか、「ぼくは81回」と言って跳びました。Hくんは71回跳びました。何故かみんな「〇1回」と端数がありましたね。(???) 「あと一回で終わり」と伝えるとKくんは「182回」Yくんは「ぼくは210回!!」とKくんを上回る回数を言っていました。 この日みらいPlusは、午前の「幼児発達支援教室すくすく」の運動・小集団療育と午後の個別運動教室、「アフタースクールみらい」の体操教室と、3つの

サッカー少年のコーディネーショントレーニング

小学5年生のNくんはサッカー少年です。 トレーニングの一環として、毎週火曜日「アフタースクールみらい」の時間に「みらいPlus」でコーディネーショントレーニングします。前回は都合でお休みだったので、昨日が初日です。 ストレッチ運動の後、ラダートレーニング、ボールを使った運動、トランポリンをしました。 Nくん、初めてするラダートレーニングだったのですが、「もっと腕を振って」「動きは膝から」等、指摘される修正点をしっかり理解して取り組んでいました。 ボール運動も器用にこなし、初めてするトランポリンもジャンプしながら投げられたボールをキャッチする難しい事も難無くでき、ここでも器用な一面を見せてくれました。 放課後等デイサービスみらいでは、みらいPlusでスポーツに頑張って輝いている「○○少年」をコーディネーショントレーニングの専門家が支援いたします。   文責:児発管

連休明け・・・。

「いまなんじ?」帰宅時間を気にする6年生のKくん。 週初めの月曜日から、連休疲れなのかいつもの元気がない様子。 いつも元気いっぱいで「次はババ抜きしよう、次は七ならべ!!」と言っている同じ小学校の2年生のHくんも、トランプをしながらもゴロゴロと寝そべっていました。 みんな、ちょっと連休疲れなのかな? そんな中、昨日は久々のみらいPlusでの運動療育でした。3歳のDちゃんと2歳のHくんが元気に参加しました。 いつものように歌から始めた後、運動遊びをしました。 複合バランス運動では、3段の跳び箱からエバーマットへジャンプ!! 2歳のDくんはまったく怖がりません。怖がるどころかむしろ積極的でした。 次は、ミニハードルとステッピング、ボール運動を取り混ぜてコーディネーショントレーニング。 最後は、お待ちかねのトランポリンです。10回からはじめて、20回、30回と連続ジャンプ。三歳のDくんはしっかり約束を守って跳んでいました。 私が盲学校(現、視覚特別支援学校)に勤務していた時に、水泳の指導でプールへの飛込や、体操の指導で体育館の舞台の上から、エバーマットを敷いた床に飛び降りる体験をさせていました。万全の安全対策と細心の注意意識を持つことで、子ども達の可能性はどんどんと広がります。みらいでの運動遊びにも取り入れて生かしています。  文責:児発管

​伊丹市 発達支援・放課後等デイサービス みらい

特集記事
no-posts-feed.on-the-way
no-posts-feed.stay-tuned
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon

伊丹市の児童発達支援・放課後等デイサービス みらい

​伊丹市南町4−5−30