書道教室

今日の書道教室は、男子が二人。 「勇気」を書きました。 5年生の教科書に「進む勇気」と書初めの題があるのですが、今日はその「勇気」を練習しました。 進んで書き始めたのはY君、いつもは写し書きをしてから始めるのですが、今日は「これ見て」と、お手本を見ながらさっと書き始めました。最後は、トン、スー、止めると言いながら、ゆっくり筆を運んでいました。 K君は、じっくりと筆下ろしをしてから「勇」を書きました。3つある右の折れに気を付けてするどく左に払ったり、曲げたりするとと文字が長くならないで2文字が半紙に納まることに気付きました。二人共楽しく書き上げました。      文責:児発管

「そうか、あしたか」思わず納得。

毎回ユニークな発言でみんなを和ませてくれる幼稚園年少さん「Dちゃん語録」のDちゃん。 今日は個別課題学習の日です。まだ少し発音が不明瞭な部分もあるのですが、たくさんおしゃべりしてくれます。支援の保育士さんと一杯おしゃべりしながら微細運動や言葉の学習の課題学習に取り組んでいます。 運筆をしている時に、とても上手に書けていたので「Dちゃんいつの間に上手になったの」と保育士さんが声をかけると間髪入れず「あした!」と返ってきました。もちろん「過去」のことを言ったんでしょうが。 一生懸命に運筆に取り組んでいる姿に「そうか、あしたか」と思わず納得してしまいました。                                文責:児発管

安全で安心できる空間と信頼できる人

「みらいに行くのが楽しみ」と言ってくれているAちゃん。前々回のブログで紹介した女の子です。今日は「おはようございます!」と大きな声であいさつをして玄関から入ってきました。 今日は、ぬり絵や運筆学習、数の学習と約20分程座って個別課題学習に取り組みました。 ペンも上手に持って力強く書いていました。運筆学習の後にスタッフの手作り教材で数の学習をしました。うしろで見ているお母さんに、教材のケーキやドーナツなどをうれしそうに届けていました。 いつもトイレに行くときは、お母さんとでなければ行けなかったのですが、今日はスタッフと一緒に行けてお母さんもびっくりされていました。 おかあさんは「Aちゃんは、人や場所に慣れるのにとても時間がかかる子なんです」とおっしゃっていましたが、Aちゃんにとって”みらい”は、安心して過ごせる空間で安心できる人がいる場所になったようです。 帰りも「さようなら!」と言って帰っていきました。     文責:児発管

みらいPlusでのおべんきょう

12月より新規事業所としてオープン予定のみらいPlus。 今までは、みらいの別教室として運動療育を主にして使っていましたが、来月からはみらい同様に児童発達支援(未就学のお子さま)の個別の課題学習と以前から行っている運動療育をします。 今日の午前中は、今月からみらいご利用の2歳のHちゃんが、12月の先取りでみらいPlusでの個別課題学習をしました。前回はみらいでの個別課題学習だったのですが、今日は場所が変わってみらいPlus。 玄関を入って少し不思議な感じで見ていましたが、トランポリンを見つけるとすぐに上がって跳び始めました。その後は、個別課題学習のスペースでおべんきょう。 Hちゃんの今日の課題は微細運動。運動スペースだった一角に小さな机といすを置いて個別課題学習スペースを作り、そこで学習をしました。ビー玉を一個ずつ抓んでアンパンマンの口の中に入れます。 みらいで個別療育を終えたスタッフも加わりスタッフの数は合わせて5人。それぞれにビー玉を手渡して一緒にしようという姿がなんともかわいくてかわいくて。 今日は特別に1対5の超VIP待遇でした。       文責:児発管

元気いっぱい 笑顔いっぱい

「これも、これも」と、保育所年中さんのAちゃん(女の子)が、ままごとの食べ物をいっぱい持ってきてくれました。 Aちゃんがみらいに来た当初、なかなかお母さんから離れられず、常に姿が見えないと不安そうにしていました。 プレイスペースで少し遊べるようになってきてからでも、やっぱりお母さんの様子を見ていました。 個別課題学習の時は、すぐ後ろにお母さんが座ってその気配を感じながらの学習が続きました。 10月になってからは、少しの時間お母さんがいなくてもみらいで過ごすことができるようになっていました。 最近は、みらいに来ることを楽しみにしてくれているようで、同じ時間に来ている保育園年中さんのYくんと一緒に楽しく遊んでいます。 今日は、登所時からニコニコ笑顔でいっぱい遊びました。ままごと遊びでは、スタッフやお母さんにご馳走をいっぱい作ってくれました。私が送迎から帰ってくると、私にもいっぱいご馳走してくれました。個別課題学習も、声かけだけで学習スペースに来て座ることができました。学習後は、自分からクライミングウォールに登り始め、てっぺんの鈴を鳴らしました。 大きな声も出て、明るい笑顔でいっぱい話をしている姿を見て、スタッフ一同嬉しく思いました。                            文責:児発管

​伊丹市 発達支援・放課後等デイサービス みらい

特集記事
no-posts-feed.on-the-way
no-posts-feed.stay-tuned
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon

伊丹市の児童発達支援・放課後等デイサービス みらい

​伊丹市南町4−5−30