ほたる 蛍

今日の書道教室は、夏の虫「蛍」を書きました。 前回は、ひらがなで「ほたる」を書いていますので、今回は漢字と蛍の墨絵を描きました。 夏の虫で、色々な場面で目にすることがあると持っていましたが、以外のも知らない子がいて驚きました。 5年生のHくんもその一人で、YouTubeで観せてあげると、蛍が光るのを観て「へー!!」と感動してように声をあげて嬉しそうでした。 習字も個性が出ていますが、絵になるともっと個性が出て面白いですね。高校1年生のKさんは顔彩を使っていっぱい色を付けていました。色々と物知りの小学6年生のKくんは昆虫のことをいっぱい話をしながら描きました。高校3年生のYくんは習字はさらっと書いていますが蛍も黒い点と光をいっぱい描いていました。いつも手本を見て丁寧に字を書くHくん。蛍の絵も、見本のイラストを見ながら細部まで丁寧に描いていました。     文責:児発管

アフタースクールみらい伊丹野間

5月にオープンしたアフタースクールみらい伊丹野間も、ひと月半が過ぎました。 尼崎の北西方面からご利用の子ども達が、南町のみらいから移動したので人数も増えてきました。 また、近隣の小学校からもご利用が始まっています。 5月後半からは、車いす使用の中学1年生のSくんもパソコンをしたり、卓球をしたりとアフタースクールみらい伊丹野間での放課後を楽しんでいます。 今日水曜日はパソコンの日。タイピング練習から始まり、その後は名刺作りをしました。 ローマ字をしっかりと覚えているので、タイピングソフトに慣れればどんどん上達しそうです。 また、今日は早口言葉の本をスタッフさんと一緒に読んで楽しんでいました。昨日から食欲がなく少し元気がなさそうに見えましたが、おやつの後は、いっぱいの笑顔を見せてくれました。安心安全な環境で、楽しく学んでいます。           文責:児発管

表現が豊かですね

幼稚園年長さんのEちゃん。いつも豊かな発想でびっくりさせられています。年中さんからのご利用で、一年以上見続けてきました。始めの頃は戦隊ごっこからなかなか離れられなかったのですが、今では色々な物に興味を持っています。 大きなロボットのレゴがあります。年長のお子さまが作っていたので、「ぼくも作りたい」と言っていたのですが、ちょっと難しいので「年長さんになったらね」と言われ、年中さんの時には、させてもらえなかったレゴブロックもひとりで作れるようになっています。難しいところは「手伝って!!」と、助けを求めることもできています。以前もブログで書きましたが、「難しいこと」「ひとりでできないこと」は「手伝って」と言えることが大切ですね。 一昨日の地震の時にテレビを観ながら「地球が壊れちゃうかもしれないよ!」と言ったそうです。表現がすごいですね。揺れている様子や、家屋が壊れている映像を観てでしょうか。 個別療育で、保育士さんに「昨日のサッカーの試合観た」と聞かれ「みたよ」「どっちが勝った」「ひのもと(日本)」と答えたそうです。まだ漢字が読めるとは聞いていないのでどこから聞いたのでしょうね。色々なところから情報をキャッチして表現しています。 文責:児発管

みんなでパズルしない。

火曜日の放課後のご利用は小学生と、高校生です。 小学生は一年生が多く、アフタースクールみらい伊丹野間ができるまでは、一年生は5人いましたが、野間に2人移動したので3人です。 みらいでは、宿題や個別課題学習が終わると自由遊びではなく、S.S.T(ソーシャルスキルトレーニング)で、カードゲーム(トランプやウノ、かるた)やすごろくなどみんなで遊びます。遊びの中からルールや人との接し方等を学んでいます。 始めの頃は中々馴染めないようですが、そのうち自分からトランプやウノを出してきてみんなが終わるのを待っています。 今日は3人の一年生が仲良くすごろくを始めました。ひとりがトイレに行っている間は「まだかな?早く進みたいな」待ち遠しそうに言っています。 すごろくが終わると、Rくんが「ねえ、ねえ、みんなでパズルしない!」と誘ってくれました。 送りの車で添乗のスタッフさんが「すごろく楽しかった」と聞くと楽しかったと返ってきたそうです。 みんなで遊ぶことが楽しくなってくると、こんな言葉も出てくるのでしょうね。 他の事業所の話を時々お母さま方から聞くと、宿題が終われば一人でタブレットで遊んでいるそうです。    文責:児発管

伊丹市は震度5弱の地震 固定電話の脆弱性

私が出勤しようとした時に、グラグラ!棚の上の全紙サイズの写真額が犬のケージの上に落ちました。幸いガラスではなかったので大きな被害にはならなかったので良かったです。犬は老犬で耳がほとんど聞こえないので知らん顔で寝ていました。 伊丹市の震度は5弱で結構大きな地震だったようですね。近くを通る阪急電車、JR共に完全にストップしていて幹線道路は大渋滞だったようですね 南町のみらいの前の道も阪急の踏切の遮断機が下りたままなので渋滞が発生していました。 皆様のご家庭は地震の被害はなかったですか。 みらい、みらいPlus みらい伊丹野間は被害もなく通常通り開所いたしました。 ご利用の保護者様からお問い合わせを受けるのですが、固定電話がつながらずご迷惑をおかけいたしました。 こんな時は携帯電話が便利ですね。LINEの電話は地震直後から利用できたとの事でした。 今後、固定電話がつながらない時には、下記の携帯電話におかけください。 みらい、みらいPlusご利用は、080-4014-3645 080-4234-3645 みらい伊丹野間ご利用は、  080-3753-3645 090ー8485-3645 みらい伊丹野間は午前中つながらない時があります。その時はみらいの電話へおかけください

言語聴覚士(ST)の療育が始まりました

先週から言語聴覚士さんがみらいに来ています。 子ども達の様子を見ながらSTのセッションが必要か確認してもらっています。 みらいに来ているSTさんは「ことば音楽」のトレーナでもあるので、本来のST的構音指導はもちろんですが、音楽を使って言葉数を増やしたり、身体を動かす動作の中から言葉の持つ意味を理解できるような療育もお勧めです。もちろん、発音の不明瞭なお子さまには適切な時期が来れば構音指導も取り入れます。 今日の午前中は、年中さんのYくんです。「ことばのテストえほん」を使って語彙力を確認しました。「テレビ」が「テビレ」になっていましたが、最後まで嫌がらずできました。 午後は、同じく年中さんのDちゃん語彙力や言葉を聞いて状況を判断する力を確認しました。久しぶりのDちゃん語録も聞けました。 この結果をもとに個別での「ことば音楽」やグループでの「ことば音楽」の療育を進めていきます。 現在はみらいご利用のお子さま優先ですが、空き枠があれば新規でSTさんのセッションもご利用できるように考えています。詳しくはお問い合わせください。    文責:児発管

​伊丹市 発達支援・放課後等デイサービス みらい

特集記事
no-posts-feed.on-the-way
no-posts-feed.stay-tuned
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon

伊丹市の児童発達支援・放課後等デイサービス みらい

​伊丹市南町4−5−30