夏に因んだ書です

アジア大会の水泳競技競泳で金メダルラッシュ!! 女子競泳の池江選手は金メダルを歴代最高の1大会で6個獲得しました。凄いですね。コマーシャルで、池江選手が幼い頃に床で泳いでいる動画が流れていますが、たぶん幼い頃からすごい努力を重ねてきた結果が今につながっているのでしょう。 今日は久しぶりの書道の日。アジア大会の水泳競技の活躍と夏に因んで書道のお題は「水泳」です。「泳」の字のサンズイヘンのバランスに気を付けて書きました。小学生のHくんは、サンズイヘンのバランスを確かめるように丁寧に書いていました。同じく小学生のKちゃんは、午前中に体操教室に行ってから来ましたが、疲れも見せずに一気に書いていました。高校生のKさんも、一字一字丁寧に書き、残った時間には「向日葵」と、夏らしい字にも挑戦していました。 もう少しで夏休みも終わります。まだまだ暑い日が続きますが、9月になれば秋らしい季節の字に挑戦してくれることでしょう。                 文責:児発管 追記 高校生のKさんの動画が何故か横を向いてしまって直せません。見づらいですがご了承ください。

言語表現伸びています

お子さまの困り感でのご相談で一番多いのが言葉のことです。 「2歳になっても言葉が出ない」「会話が一方通行でコミュニケーションをが成立しない」 先日来られた3歳のお子さまは、聴力には問題がないようですがほとんど発語がない様子で、お母さまの言葉には反応して理解しているとのことでした。 みらいでは、言葉の遅れやコミュニケーションの取り方の療育には、絵カードや絵本などを使いながら語彙を増やしたり、ごっこ遊びをしたりしてコミュニケーションに必要な力を育てています。また、身体を動かした時の動きから出てくる自然なオノマトペ(例えば、ゴロンゴロン、バタンバタン、ドッスン等)を利用して発語を促したりもしています。 言語聴覚士(ST)さんが行う「ことば音楽」も、楽しみながら発語を促すことを目指しています。 このブログにも度々登場する幼稚園年長さんのAちゃん。ご利用当初はコミュニケーションが一方通行になりがちで、会話のキャッチボールに困り感がありました。 療育では、会話のキャッチボールやごっこ遊びなどで、その場に即した言葉のやり取りを自然に楽しんできました。 今日のお母さまの連絡帳とその内容についてのスタッフのやり取りをご紹介します。 (母:連絡帳)『最近は、お友達とも遊んでみたい様子で、公園とかで、話しかけたりしていました。今朝も図書館で、幼稚園のお友達を見つけて自分から話しかけていました。「あ!○○くんだ!!○○くんも図書館に来たの?」』 (スタッフの返信)『集団が苦手でも、お友達と関わりたいという思いはしっかり成長しているAちゃんです。○○先生(スタッフの名前)が恐竜のフィギアを箱で持っている

スタッフ研修会

児童発達支援・放課後等デイサービスみらいは、スタッフの研修が充実しています。ペアレントトレーニングの理論でのティーチャートレーニングや外部講師によるブレインジムの研修、個人レベルでの参加でも、多くのスタッフさんが研修に参加しています。 先週の土曜日は、ブレインジムのインストラクターで言語聴覚士(ST)の都築昌子さんを講師にお招きしてスタッフ研修会をいたしました。都築さんは、大阪を中心にブレインジムの講習やSTとして、講演や療育にご活躍です。 今回は事例研究として、みらいで療育支援をしているお子さまのことを中心に、言語指導に関してどのようにアプローチしていけばよいかなど教えていただきました。また、最近ご利用が始まった年少さんのYちゃんのジャーゴン(宇宙語)についての見解もお聞きして、今後の支援の参考になりました。                   文責:児発管

熱闘!甲子園 熱中症に気を付けて。

今日も夏真っ盛りって感じですね。気温も37℃を超えてとても暑いです。 そんな中、3人が書道教室に来てくれました。 入室後、まずは「富士山のおいしい水」をゴクリ。熱中症予防に必ずしています。 時々、体内の水分が足りているか、「ひよこちゃん」でチェックしています。この「ひよこちゃん」足の裏には2つ電極があり、それに触れ水分が足りていると「ピヨピヨ」と鳴いてくれます。子ども達が触れると、勢いよくピヨピヨと鳴きますが、私が触れると枯れているのかほとんど鳴きません。そんな時は慌てて給水しています。 明日から阪神甲子園球場で全国高等学校野球選手権が行われますね。今年は100回記念大会で兵庫からは、私の母校報徳学園と明石商業の2校が出場します。熱中症に気を付けて最後まで全力でプレーして欲しいですね。各校のベンチにひよこちゃんがいれば良いですが。 今日の書道教室のお題は「甲子園」です。3文字でバランスが難しいけれど、3人とも上手にバランスを取って丁寧に書くことができていました。「子」の字がとても上手に書けていますね高校生のKさんはいつものように清書の後は、俳句や好きな文字を描きました。 前回の「熱闘」と合わせて『熱闘 甲子園』高校生の熱き思いが伝わってきそうですね 文責:児発管

豆絞りで真剣です。

『夏休みのみらいで色んなゲームをやったりするのが楽しいようで、よく話してくれます。 算数は苦手な文章問題や計算を教えてもらいながら頑張っているとすごく頭を使うのか、帰ってきたら「あー疲れた!」と言っています。今日も豆絞りの持参でやるようです。 朝からテンション高めです。』小学校5年生Hくんのお母さまの連絡帳です。 Hくんは、土曜日の習字教室にも来ています。何事にも真剣に取り組む真面目な頑張り屋さんです。最近はひょうきんな一面も出してくれるようになりました。 火曜日には、何を思ったのか豆絞りの鉢巻きを頭に巻いて学習に取り組みました。豆絞りの鉢巻きの効果があったようで、今日もズボンのポケットに豆絞りの日本手ぬぐいを忍ばせて登所しました。グイっと巻いた豆絞りの鉢巻き、真剣です。 アフタースクールみらいの学習支援は、ほぼマンツーマンに近い形での支援です。お子さまの力を伸ばせるように小学校定年退職者のベテラン教師集団が支援しています。また、多くのスタッフが教員免許を持っていて、夏休み期間中は学習以外でも英語遊びや音楽遊びで楽しいひと時を過ごしています。                 文責:児発管

英語であそぼう!!

楽しい夏休みが始まり10日たちました。子どもたちは、「今日も暑いね〜」と言いながら元気いっぱい通ってきています。 みらい伊丹野間教室では、夏休みでまとまった時間が取れるのを機会に英語タイムを始めました。  30分間ですが1回目は身体の名前を覚え、身ぶり手振りでダンスをしました。速くしたり遅くしたりと身体を動かす事を楽しんでいます。 年令も得意な事もさまざまなのですが、みんなでやってるとすこしズレたり、間違ったり。とっても面白い! 2回目は色や動物の名前や泣き声のカードを取っていきます。みんなでドンドン引きこまれて楽しんでいます。繰り返す事1回目には少しひいていた子が2回目にはぬいぐるみと一緒にカードに手を伸ばすなど盛り上がりをみせています。         文責:児発管

​伊丹市 発達支援・放課後等デイサービス みらい

特集記事
no-posts-feed.on-the-way
no-posts-feed.stay-tuned
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon

伊丹市の児童発達支援・放課後等デイサービス みらい

​伊丹市南町4−5−30