あけび ゆらす 秋の風

みらいの書道教室は隔週の土曜日。先週27日にありました。この日は午前中にペアレントトレーニングあり、教室もフル活動です。 書道の先生の「あけびって知ってる」の問いかけに誰も反応はなし・・・。 「山になっている秋の実ですよ」 そんな話から今日の課題の「あけび」を書いていきました  今日はひらがなで穂先の動きと次の点画のつながりを意識して書きます  高校生のK君は木の実のあけびをさらさら書いていきました。それから「あけび揺らす秋風」にも挑戦。でもちょっと書きにくかったのか自分は「あけび」と決めて楽しく書き上げました。  同じく高校生のTさんは、「あけび揺らす秋風」をとても熱心に小筆と大筆の両方で練習しました。そして色紙のようにうまくまとめて書き上げました。  6年生のKさんはアケビは知らなかったのですが、でも教科書に載っているんだよと言うと一生懸命書きました「どこに気をつけたらいいの」って質問もできました。小筆で書くのをがんばりました。  5年生のH君は慎重に、筆のつながり穂先の動きをとても意識して書きました。 大筆で小さい文字をてとてもいい感じに書くことがができました。 みんな書きあがった清書に落款押して満足満足。今日も 味のある良い作品ができました。

​伊丹市 発達支援・放課後等デイサービス みらい

特集記事
no-posts-feed.on-the-way
no-posts-feed.stay-tuned
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon

伊丹市の児童発達支援・放課後等デイサービス みらい

​伊丹市南町4−5−30