昨年、感覚統合療法の研究会で、姫路獨協大学客員教授で作業療法士の太田篤志先生が感覚統合療法の視点でセレクトした、「駄菓子」になぞらえて「駄玩具」というネーミング紹介されていました。その場でいくつか買って実際に療育現場で使っています。

 今日は3歳のDくんと一緒に感覚統合遊びをしました。色々な遊びを体験しながら、指先や手を動かして、触覚や固有覚を刺激しました。一番に気に入っていたのはシリコンゴム(?)でできた「のびーる」「とかげ」のおもちゃでした。

伊丹市の児童発達支援・放課後等デイサービスみらいでは、日々の療育に感覚統合療法を取り入れています。     文責:児発管

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事

December 25, 2018

December 6, 2018

October 27, 2018

Please reload

アーカイブ
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon

伊丹市の児童発達支援・放課後等デイサービス みらい

​伊丹市南町4−5−30