「Yちゃん、今日はチンアナゴの切り取りしようか」と、課題学習の鋏の練習で使うパズル形式の切り貼り教材を見せると、「ニシキアナゴやで」とYちゃん。私は「おなじやで」と返しました。後で調べてみると、チンアナゴとニシキアナゴは模様が違っていて、これはニシキアナゴでした。ごめんね!Yちゃん。

 4歳のYちゃんは、ひらがなの学習の課題では、絵カードの裏に書いてあるひらがなを読む学習をしています。いつも取り組んでいる課題ですが、今日は少し違うひらがなカードを使って学習しました。初めて使ったカードですが上手に読めました。数の学習でも百玉そろばんで40まで数えながら数唱ができます。50の段も指さして「するの?」という顔で見ていました。数と量のマッチングもできています。とても頑張り屋さんです。

 鋏の練習では、パズルになっているニシキアナゴのピースを切り取って、下絵に貼りました。上手にできました。

 「今度は○○サメと○○ザウルスがいい」と、私にはわからないサメの名前や恐竜の名前が出てきます。とても物知りなYちゃんに「いいね!」をあげてください。 文責:児発管

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事

December 25, 2018

December 6, 2018

October 27, 2018

Please reload

アーカイブ
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

伊丹市の児童発達支援・放課後等デイサービス みらい

​伊丹市南町4−5−30

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon