『タイピング練習”471打”できたようでびっくりしました。本人は、帰ってきていつもすぐに連絡帳を手渡してくれます。

 先日は、連絡帳をひらけて”471打”という先生が記入してくださったところを指差し、私に笑顔でアピールしてくれました。本人もうれしくて自信につながっていると思います。すごいです!!週3日、練習が集中できている結果だと思います。』(原文どおり)

 支援学校高等部1年生のKくんの連絡帳です。

 Kくんは、パソコン学習と漢字の読みの学習、ローマ字のプリント学習が個別課題学習です。タイピング練習はパソコン学習の準備運動です。

 Kくんが本当にすごいのは、正確に打つことです。正解率はいつも96%以上で、ゆっくりですがとても丁寧に打っています。

 今日も漢字の読みとローマ字学習の後、タイピング練習をしました。Kくんが打っている画面をふと見ると、残り3分程で300程度、あれ?画面をよく見るとレベル2になっていました。終わってからスタート画面を示して「Kくん、今度からはここは2ではなく1で始めようね」と伝えると、1を押してまた始めようとしていました。「もう一回するの」と聞くと、

にこっと笑顔で「うん」と言って始めていました。終わってみると2回目なのに、なんと、なんと600打近くも打っていました。1回目の打数が少なかったんが悔しかったのでしょうね

これでまた一つ、大きな自信につながったことでしょう。  頑張れ!Kくん!!

 

 みらいのコンセプトは、【子ども達のみらいへ向けて、一人ひとりの 個性を大切にし、たくさんの成功体験で 「できる喜び」を感じてもらえるように支援いたします。】みらいの支援が、一つ一つ実を結んでいっている気がします。

 

『支援の仕方で子どもは変わります。』  文責:児発管

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事

December 25, 2018

December 6, 2018

October 27, 2018

Please reload

アーカイブ
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

伊丹市の児童発達支援・放課後等デイサービス みらい

​伊丹市南町4−5−30

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon