「は~い、ここにすわります」と先生の声に4人の子ども達は、お母さんやスタッフと一緒に座りました。

 

 児童発達支援・放課後等デイサービス みらいの運動療育と小集団療育のみらいPlusが今日から始まりました。

 今日は、現在個別療育で「みらい」をご利用の子ども達4人が小集団療育に参加しました。

 座位で集合して、「始まりの歌」でスタートし、その後手遊びをしました。いつもは個別学習を頑張っている年中のYちゃん、みらいPlusで何が始まるのかまだよく分からなく、キョトンとした顔で周囲を見ていました。

 その後、運動遊びが始まり、バランス歩行では複合バランス遊具の上を歩きました。初めは、うまくバランスが取れなく落ちていたHちゃん、何回か歩いているうちに上手にバランスを取って歩けるようになりました。(ハートマークの下にとっておきの笑顔が隠れています)

 ハードル歩きでは、だんだん高くなるハードルを上手にまたいで歩いていたAちゃん。マット運動では、Dちゃんが見事な前転をしてくれました。

 初めにキョトンとしていたYちゃんは,得意の鉄棒ではぶら下がったまま足を鉄棒につけることもできました。

 運動遊びのあとは、自由遊びでプラレール遊びを楽しみました。

「見る」「聞く」「待つ」など個別学習ではできていても、集団になると難しい部分が出てきて、個別では中々見えてこない課題が見られました。         文責:児発管

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事

December 25, 2018

December 6, 2018

October 27, 2018

Please reload

アーカイブ
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

伊丹市の児童発達支援・放課後等デイサービス みらい

​伊丹市南町4−5−30

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon