「たいへんよくできました」

 「たいへんよくできました」のお話。

 先日、漢字検定の勉強を頑張っている中学生のJくんのことをお知らせしました。今日は、パソコン学習でのことをお話しします。

 

 みらいでは、パソコン学習の主題に入る前に、タイピングの練習をしています。Jくんと同じ日に来ている女の子のMさんとKさんは、タイピングの練習レベルが4になっています。 Jくんは、正確さは最高レベルですが速さでは負けています。合格ラインまであと一息のところで足踏みをしていましたが、昨日一気に入力数が上がり合格しました。

 いつも10分間のタイピング練習が終われば「終わった」と、それぞれが報告をします。この日のJくんはいつもよりも大きく自信のある声で「おわったよ!」と、報告がありました。スタッフが画面を見て確認すると「たいへんよくできました」と、はなまるマークが表示されていました。

 

 自宅に帰った時に、添乗のスタッフに「お母さんに、合格したことを言って」とお願いしたところ、スタッフに「それは自分で言ったほうがいいよ」と言われて自分で合格したことを報告しました。お母さんも、Jくんの口から聞けたことを喜んでいました。

 

 この日Jくんは、タイピング練習でレベルを上げたことと、合格したことを自分の口から報告できたことで、「たいへんよくできました」のはなまるを二つもらったと思います。

 

 これでまた一つ、自信ができましたね。Jくんに「いいね!」をあげてください。

                                   文責:児発管

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事

December 25, 2018

December 6, 2018

October 27, 2018

Please reload

アーカイブ
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

伊丹市の児童発達支援・放課後等デイサービス みらい

​伊丹市南町4−5−30

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon