第二回目ペアレントトレーニング    「支援の仕方で子どもはかわります」

 本日、第二回目のペアレントトレーニング(ティーチャーズトレーニング)をしました。前回に引き続き、ホームページをご覧になっての保護者様と、小学校の先生もご参加くださいました。

 

 前半はPowerPointを使っての理論編、後半は宿題の「子どもの不適応行動とその対応」を使い、当事者である保護者の方とみらいのスタッフでのロールプレイや子どもの「良いところ探し」の発表などを交えながら、楽しく終わることができました。

 

 最後に「一言感想」を述べていただきましたが、宿題をすることで、子どものことをよく見ることができたとのお話があり、ペアレントトレーニングの目指すところに少しふれられたかなと感じました。次回までの宿題は「子どもの行動をどうほめたか」です。2週間ありますので、お子さまの行動の良いところ探しで、少し目線を変えられたら良いですね。

 

 今後、3回4回と進んでいきます。6回目以降はお子さまの不適応行動にどのように対応するかのテクニック編になります。「CCQ]「ブロークンレコード」「計画的無視」「トークンエコノミー」「リミットセッティング」「タイムアウト」などロールプレイで不適応行動に対するテクニックを体験していただきます。途中からの参加でも決して時間の無駄にはならないと思います。「HPをみました」で結構ですので、お気軽にお問い合わせください。今回のペアレントトレーニングは『みらい』のスタッフ研修を兼ねていますので費用は掛かりません。

 

 お子さまの身近にいる方がかわると、子どももかわります。『みらい』のコンセプトである『支援の仕方で子どもはかわります」を、多くの保護者の皆様に実感していただきたい思いでペアレントトレーニングを開催しています。

 みらいのスタッフは、ひとりでも多くの、子ども達の明るい笑顔が見たいと願っています。

                                  文責:児発管

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事

December 25, 2018

December 6, 2018

October 27, 2018

Please reload

アーカイブ
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon

伊丹市の児童発達支援・放課後等デイサービス みらい

​伊丹市南町4−5−30