みらいplusの運動遊びは感覚統合療法とコーディネーショントレーニングの理論を踏まえながら、子ども達に合わせてプログラムしています。

 

 火曜日の午前中は、未就園の幼児さんのクラス。現在2〜3名のご利用があります。木曜日の午後クラスは、就園幼児さんで現在4名がご利用中です。

 

 プログラムでは、前庭覚(重力や回転、加速度を感じとる感覚)や固有覚(筋力や関節の状態・動きに関係)などの感覚を向上すような動きを取り入れています。

 

 バランス感覚が求められる複合バランス遊具で歩いたり、小走りしたり、高い所から飛び降りる事に慣れるように跳び箱から飛び降りたり、鉄棒にぶら下がりスイングした後、手を離してセフティーマット(エバーマット)に降りたりと、普段の生活では体験できないことを、安全が確保された場所で楽しんでいます。もちろん、大型のトランポリンは大好きな種目の一つです。また、クライミングウォールも大好きです。

 

 前庭覚が上手く働かないと、重力やバランス、空間での動きを上手く処理でず、転びやすかったり、姿勢が悪かったりなど、動きのぎこちなさが出たり、モノにぶつかりやすかったりします。また、目の動きも前庭覚に影響されているため、ここに問題を抱える子は『見ること』にも問題を抱えてしまいます。(『見ること』については、また詳しくお知らせします。)

 

 みらいでは、『幼児発達支援教室すくすく』の個別課題学習で視覚認知の学習もしています。『みらいplus』の運動遊びと『幼児発達支援教室すくすく』の個別課題学習で子ども達の生きる力を支援しています。                   文責:児発管 

 

 


 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事

December 25, 2018

December 6, 2018

October 27, 2018

Please reload

アーカイブ
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon

伊丹市の児童発達支援・放課後等デイサービス みらい

​伊丹市南町4−5−30