放課後等デイサービスみらいは学習支援に特化しています。個々の特性に合わせた個別の学習支援です。宿題はもちろんですが宿題以外に、毎回個人に合わせた課題を決めて取り組んでいます。中心となる課題は漢字の読みです。パソコンでの文章作成で漢字変換を間違わないようにするための考え方です。また、自信を持って人と話すために声を出す練習として、音読も全員が取り組む課題です。詩の朗読や群読なども、時間があるとしています。三行作文やクロスワード、おはなしドリルなどで文章読解や作文も課題の一つです。

 

 毎日のプログラムは、小学校を定年退職された、経験豊富なベテランの先生や国語科の教員免許のあるスタッフが中心になり設定しています。

 

 ある日の中学2年生の学習プログラムに「運筆」とありました。運筆練習は幼児期の鉛筆練習に取り入れているものですね。みらいでも未就学の個別課題にたくさん取り入れています。

「なんで中学生に運筆?」通常は考えられませんが、みらいのスタッフは考えるのです。

 

 中学2年生のJくん。漢字の学習の延長で漢検の受検を考え始めました。読みや書きの学習も順調に進んでいるのですが、Jくんが書く字が大きくて解答用紙の枠からはみ出してしまいます。それでは、と言うことで指先を細かく使うような使えるような「運筆練習」になりました。

 

 手前味噌ですが、未就学担当の保育士さんや小学生以上担当の児童指導員さん達の豊かな経験に基づく発想力が児童発達支援・放課後等デイサービスみらいの力です。文責:児発管

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事

December 25, 2018

December 6, 2018

October 27, 2018

Please reload

アーカイブ
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

伊丹市の児童発達支援・放課後等デイサービス みらい

​伊丹市南町4−5−30

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon