給食が始まるまではPart1・・・。

「〇〇先生、今度うどん食べに行こうや」と、夏休みに入る前こんな話をしていた小学6年生のKくん。7月の最後の授業でカレーを作ったので、レストラン学習(外食)はお預けになりました。夏休みに入り、送迎時に「いつ、うどん食べに行く」と何度か声かけがありました。

 

 夏休みが終わり、尼崎市の小学校は給食が始まるまでに何日かあったので、同じ小学校の子ども達で、買い物学習やレストラン学習をして昼食を食べました。

 

 一日目は買い物学習です。近くのショッピングモール内のスーパーマーケットで昼食を買いました。

 二日目はレストラン学習です。送迎の車の中で、「今日はうどんを食べに行く予定ですが、何か食べたいものはありますか」の問いに、「ハンバーガーが良い」と小学3年生のKくんが言いました。「Kくん(小学6年生)うどんはどうする」と聞くと、「ハンバーガーで良い」との事、小学2年生のHくんも賛成したので、みらいの近くの大手ハンバーガーチェーンに行きました。車の中で「○○○○は(自分の名前)、フィレオフィッシュが好きなんやで」と小学3年生のKくんは言っていました。注文は、それぞれ写真を見てしました。支払いもひとりでできました。

 (流石、大手ハンバーガーチェーンですね。子ども達が迷っていて時間がかかっても笑顔で待っててくれました。)

 

 小学6年生のKくんの連絡帳に「スーパーマーケットの自動精算機で買い物ができました」と書いてあり、小さな経験の積み重ねで自信がつき、色々なことに挑戦できるようになるのですね。                               文責:児発管

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事

December 25, 2018

December 6, 2018

October 27, 2018

Please reload

アーカイブ
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

伊丹市の児童発達支援・放課後等デイサービス みらい

​伊丹市南町4−5−30

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon