wonder「ワンダー 君は太陽」

2018/05/25

ひと月ぶりのブログです。

5月1日のアフタースクールみらい伊丹野間開設に向けての準備が終わり、無事にオープンでき、現在は児童発達支援の未就学お子さま一人と小学生のお子さまがご利用中です。

ご午前中は、未就学のお子さま定員3名~5名。午後は小学生5名程度です。少人数できめのこまかな

 

 開所準備が終わり、ホッとした頃に外付けのハードデスクが壊れ、ブログを書くためのパスワード等もなくなってしまいました。これを契機に現在、UTMと言う機械ででインターネットのセキュリティー強化をしているセキュリティー会社と契約をしてバックアップ機能の付いたセキュリティー万全のハードデスクを導入しました。これで万が一ハードデスクが壊れてもバックアップが複数台で取れているので万全だと思います。そんなこんなで、久しぶりのブログ復活です。

 

 この間、習字教室が2回あり子ども達の動画配信も滞っていましたので、申し訳なく思っています。

 

 昨夜、「wander ワンダー 君は太陽」の試写会に行ってきました。キャッチコピーにある「世界中をしあわせの涙に包んで、・・・」「やさしさの半分は 勇気でできている」

あらすじ

 オーガストこと”オギー”はふつうの10歳の男の子。ただし、“顔”以外は…。 生まれつき人と違う顔をもつ少年・オギ―(ジェイコブ・トレンブレイ)は、幼い頃からずっと母イザベル(ジュリア・ロバーツ)と自宅学習をしてきたが、小学校5年生になるときに初めて学校へ通うことになる。クラスメイトと仲良くなりたいというオギーの思いとは裏腹に、その外見からじろじろ見られたり避けられたりするが、彼の行動によって同級生たちが徐々に変わっていく…。

とても感動しました。後半は涙が止まりません。

 

「お時間があれば、」ではなく「お時間を作って是非観に行ってください」愛がいっぱい溢れた映画でした。                           文責:児発管

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事

December 25, 2018

December 6, 2018

October 27, 2018

Please reload

アーカイブ
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

伊丹市の児童発達支援・放課後等デイサービス みらい

​伊丹市南町4−5−30

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon